浅川 浩二

このアイテムを評価
(8 件の投票)

写真をはじめとして、様々なメディアにおいて表現活動を行っています。今回の写真展では写真作品と映像を提供致します。

追加情報

  • WEB SITE: http://deltaworks.info/
  • NAME: 浅川浩二
  • Hub of activity: 熊本県
  • MEDIA: 写真、CG、音楽、ウェブ、映像など
  • The history of the artwork:

     1984 (音楽・ビデオアート) Brain Weather Project

    コンピューターを基本とした音楽製作を開始左記のプロジェクトを立ち上げ、コンピューターグラフィックスや、ビデオアートと融合したマルティメディアライブを行う Music Composer,etc.

    1986 (音楽) 有機生命体 「有機生命体」という音楽ユニットを結成
    全国各地で映像とリンクしたライブ等行う。後、有機生命体はバンドとしてメジャーデビューを果たす Notertor logic,Cubase,etc.

    1988 (プログラム) Meteor GAME
    YMCA主宰ゲームプログラムコンテストにて最優秀賞受賞 Basic

    1991  (音楽)音楽製作に使っていたコンピューターの情報を扱う「MSXマガジン」より取材を受け、全国紙に掲載  

    1994 (テクノロジー)JNET パソコン通信のサブオペとして運営管理  

    1995 (音楽) rocketberke
    パソコン通信を利用して全国に散らばったメンバー間で共同製作する音楽プロジェクトを発足、1年半かけてバーチャルテクノバンド「ロケットベルケ」のCDを自主制作で発売。 Logic,Cubase,Photoshop,Illustrator,etc.

    1997 (写真・オーサリング作品・デザイン・ウェブ) COLORS
    インターネットと実際の展示会をリンクしたクロスプラットホーム写真展「COLORS」を開催。
    元々ウェブ上で行っていたバーチャル写真展から実際の個展に発展。ウェブ上で与えられたヒントを元に会場でパソコンを操作して、新たな情報やプレゼントをもらえるようにインタラクティブ性を加えたもの(個展・八代市ミック) Green,Photoshop,Illustrator,Director,Dimension3D,etc.

    1998 (CG・音楽) Impression of my cat
    浜田知明氏他グループ展に参加、3Dコンピューターグラフィックス作品およびテーマソングを収めた音楽CDを出品(八代市ミック)
    音楽製作にはフラクタル図形の色情報より音楽のノート情報に変換するソフトを使用、発声の引数として「CAT」の文字列を数値化して利用。基本図形であるマンデルブロー曲線から生まれたノートをLogicというソフトで編集して現代音楽的な楽曲を作曲する。
    3Dグラフィック作品に関しては、実写の猫の身体とVision3Dによって作った顔の合成および背景をPainterにて製作 Logic5,Photoshop,Painter,Vision3D,Illustrator

    1999 (写真・デザイン) 八代MICKにて「錆」をモチーフに写真展開催。
    錆びの模様に焦点を当てて構成、対象をミクロ化することで逆に抽象的、有機的パターンを発見。ポスターやDMにいたる部分のデザインも全て行う(個展・八代市ミック) Photoshop,Illustrator,etc.

    2001 (マルチメディア) 「石」 GAIA2001「4つのペルソナ」にインタラクティブ・メディア・アート作品出品。
    石をモチーフに構成されたオーサリング作品をマウスで操作することにより、流れている音楽に演奏をプラスしたり、映像が変化することでロールプレイング的な展開を起こすことが出来る作品(東陽村石匠館) Green,Photoshop,Vision3D,KOAN,Logic,etc.

    2001 (写真・CG)フォトコラージュ 「PEACE2001」
    GAIA2001「15人の作家による平和図鑑」にフォトコラージュ「PEACE2001」出展(熊本県美術館分館)
    平和をモチーフに製作。現代社会における物質文明の過剰な侵攻を自然の棚田を無理やり開墾する人物とダブらせ、さらにはその人物を操作する自分を配置することにより現状の平和が大きな犠牲によって成り立っていることを表現 Photoshop

    2001 (写真) Red cover

    中国天津市および天津美術学校(Hua Cui Art school )主催「万里の長城国際アート展覧会」(The 2nd China Great Wall International Art Exhibiton)に写真家として招待(中華人民共和国)
    参加アーティスト・JITTEMANN(Germany),HUGO SEEGATZ(German),Christine Dumbsky(Gearmany),LINDA HOEN(Holland),Manifred Peter muller(Austrian),MINNA WAINIO(Finland)

    2002 (Produce・音楽) Loco Art Exhibition

    総合美術展「Loco Art」プロデュースおよびBGM製作。
    ジャズバンドとのヴォイスセッション。上通りのパビリオンの中庭を使った展示会で、全体のプロデュースおよび演出を担当。開催中にはライブ演奏なども含めて企画 Koan,Logic,etc.

    2002 (マルチメディア) Intractive vision 「芸術家による現代図鑑」
    (三角西港)に音声感応がた映像生成システムを展示

    2002 (Produce・Web) Street Art-plex KUMAMOTO
    官民一体で企画された熊本の町中で音楽を楽しむイベントの企画・運営・ウェブ製作  

    2003年9月 (音楽)911 Street Art-plexにて舞踏集団「ゼーロンの会」との野外劇

    「911」音楽製作および演奏 Koan、Gold wave,Samplitude,etc.

    2004年5月 (マルチメディア) マイクロ写真展 不知火町立美術館主催「郷土作家シリーズ-クロスリンク」出品。
    過去の作品と新作「マイクロ写真展No.01」を出品。デジカメで撮影した画像を数百枚格子状に配置したボードとナンバリングされた写真に対応する説明文を別のボードに配置することにより、視点の移動と必要以上に小さく作られ視野性を落とすことにより逆に閲覧者の興味を煽ることを意図した作品 Potoshop,Filemaker,Illustrator,etc.

    2004年9月 (マルチメディア)   日本基礎造形学界熊本大会にてインタラクティブメディアアート作品出展(熊本県立美術館分館)
    マイクロフォンを通して変調された声に反応して変化するビデオアート作品。これには自分の声をディレイされて聞かされることで、人間の持っている認識力が環境からのフードバックに大きく影響されることを体験していただく目的がある。 Nirvana

    2004年12月 (音楽・ビデオアート)   ゼーロンの会主催「ハムレット」の芝居の音楽監督および音楽製作(熊本市民会館)
    シェークスピアのハムレットをモチーフに構成された演劇の音楽を担当。基本的にインダストリアル系の音楽をSEとして使用。当日はミキサー等のオペレーションも担当。
    また、劇中に挿入されるビデオ作品も製作 Koan.Logic.ACID.Samplitude,Goldwave.VideoStudio,Premier,After Effect.etc.

    2005年02月(マルチメディア) GAIA展出品

    ヘッドマウントディスプレーをファイバーで覆ったヘッドギアを作成、VHE4426というテクノロジーによるヒーリングマシーンを制作。

    +++このあとしばらく記録なし。何やったか忘れた・・・・・

    2012年2月 (CG)作品展 「球体の奏でるリズムシリーズ Act,1」
    フラクタル理論を元にしたコンピュータ・グラフィックスの展示会を開催

    2013年4月 (Produce、写真、CG)「CHAOS & ORDER」
    崇城大学ギャラリーにてグループ展「CHAOS & ORDER」展を開催。九州各地からの選ばせていただいたアーティストの方達を集め、カオスな展示会を開催。演奏やパフォーマンスなども企画。

    2015年6月 (映像・マルチメディア)「妖怪オペラ」視覚効果担当

    広島の三次市で開催されたオペラの視覚効果を担当。リアルタイムアニメーションによって、舞台背景の演出を行う。

     

読む 1735 回読まれました 最終修正日 2016/08/19(金) 21:46
このカテゴリをもっと見る カワバタ マイ »

Member

メインメニュー