大阪市 京セラドームの川向い、自然光がめいっぱい入る素敵な写真スタジオ studio Mouette さまで開催させていただき、無事終了いたしました。人物や美しい風景写真は馴染むことだろうと思いながら…熊本地震の被害写真やがれきはどう飾るべきか、設営中もどきどきしていました。皆さまのご協力のなか、希望に満ちた素敵な会場が完成したとき…メンバーの想いと写真のちからを強く感じました。

2月25日夜のレセプションパーティから3月5日まで、約134人のご来場者さまがいらっしゃいました。

 

熊本ご出身の方、熊本を気にかけてくださる方、メンバーに会いに来てくださる方、写真好きで見にきてくださる方…たくさんのあたたかい出逢いがありました。写真というメディアを使って、「熊本のことを伝えたい」という有志をもつ、13名の写真家と開催しました。みんな写真を愛し、熊本を愛し、写真を撮る者の使命感を、強くもっていました。

始まりは昨年4月、わたくしカワバタマイの住む益城町が…ある日とつぜん震源地となり、その景色が一変したことです。地震が起きるつい先日まで桜がきれいで…たくさんの町の人が穏やかに、川沿いで桜を眺めていました。美しい熊本も、暮らす人も、壊れてしまったものも、伝えたいと思いました。広く、長く、熊本の写真展を旅するようにしようと決めました。親愛なる仲間たちとそのために、ずっと走り続けていました。

本写真展は、株式会社Pilotsさまのご支援により、会場費・写真フレーム・設備費を全て無償にて開催させていただきました。こころより、感謝いたします。http://www.pilots.co.jp/index.html

本写真展は、熊本地震チャリティー企画なので、ふたつの募金箱を設置させていただきました。ひとつは、益城町・商工会主催「益城町みんなの夏祭り」の支援金へ。ひとつは、「旅する、熊本写真展」の活動支援金へ。こころより、感謝いたします。

------------------------------------------------------------------
「益城町みんなの夏祭り」支援金…32,059円
「旅する、熊本写真展」活動支援金…44,427円
------------------------------------------------------------------

「旅する、熊本写真展」に関わってくださった、すべての皆さまにこころよりお礼申し上げます。「旅する、熊本写真展」実行委員会一同、精いっぱい活動し続けていきますので、これからもよろしくお願いいたします。

 

2017年3月 吉日
熊本地震チャリティー企画「旅する、熊本写真展」
代表 カワバタ マイ 
kumatra.com

メインメニュー